福岡市西区姪浜 パソコンピーチ 個人レッスン 訪問指導

<

終活のお手伝いいたします

終活

“終活”という言葉を耳にするようになりました。
“終活”とはいつか必ずやってくる自分の死と向き合い、最期まで自分らしい人生を送るために準備をしておくことです。

早めに準備しておけば「もしも」のときがきても慌てずにすむはずです。

人生の最期は100%誰にでもやってきますが、準備をしておくことに本気で向き合うことは、何かのきっかけがなければなかなかできません。「今じゃなくてもいいかな」と先送りにしがちです。

終活

それでもある日、体のどこかに異変を感じたり、突然目覚めたら病院のベッドの上だったりしたときには「今から準備しようかな」とはなりません。家族にすべては伝わりません。元気で動けるうち、気持ちの余裕があるうちに「終活」を始めておくことが大切です。
それもすこしずつゆっくりと。


≪”エンディングノート”をご存じですか?≫

終活

終活の目的は「健やかな気持ちで自分らしく人生を締めくくる」こと。

身辺整理、不用品の整理や葬儀や墓の準備、遺言書、財産整理などいろんなことがありますが、その中の一つに「エンディングノート」の作成があります。

「エンディングノート」とは人生の最期を迎えるにあたり自分の思いや希望を家族や友人に確実に伝えるためのノートです。

  • 自分の生きた道や思い出
     「大切な思いや記録を伝えられる」
  • 医療や介護の希望
     「介護者や医療者、家族に終末期の希望が伝えられる」
     「家族共に納得して時を過ごせる」
  • 葬儀やお墓の希望
  • 財産や保険のリスト
  • 知人・友人連絡先
  • 遺言書

終活

実際にエンディングノートを書いていくと自分の気持ちの整理・確認ができ、これからの人生を前向きに送ることができるようになります。
遺言のような法的な効力はないのですが、気軽に何度でも書き直すことができます。

≪手書きでもパソコンでもOK≫

終活ライフプランナーの資格を持ったパソコンピーチが個別にノート作成のお手伝いをいたします。
手書きでも、パソコンでもどちらでもOK。もちろんパソコンの扱い方、印刷についてもご指導いたします。

手書きの手紙は真心がこめられていて、もらう側も嬉しいですね。パソコンで打った文字は読みやすい反面どこか冷たい感じがします。

それでもエンディングノートはパソコンを使用するのをおすすめいたします。

それにはいくつかの理由があります。

  • リストはパソコンの方が作りやすい(連絡先・保険・財産・自分史)
  • キレイな文字で確実に伝わる(医療・介護・葬儀)
  • 書き直し、追加・修正が楽
  • 写真を添えて印刷できる
  • 大事な人へのメッセージなど手書きしたい部分は手書きでOK

もしパソコンが苦手な場合でもマンツーマンで丁寧にお教えします。

ご用意いただいた手書き原稿を代打ちすることもいたしますので、気軽におっしゃってください。

≪パソコンの始め方から終わり方まで≫

終活

”パソコンの終わり方”=通常は「シャットダウン」ですが、ピーチでは持ち主をなくしたパソコン(スマホやタブレット)の面倒を見させてもらいます。

残された家族の方が困らないように、事前に管理し、整理をお手伝いいたします。

大事な写真や動画、年賀状のリストなどのデータは在りかを決め、バックアップします。

それらの大事なデータは大事な方に必ずお渡しできます。

また、整理として以下のようなことも代わって処理いたします。

  • SNSアカウントの削除
  • 誰にも見られたくないデータの削除
  • 買い物サイトなどの会員からの退会
  • メールの削除
  • パソコンの処分

事前に管理させていただくことで、ご家族が「パソコンが開かない」「スマホ・タブレットが見れない」という状況をなくし、安心してもらえます。

終活


老後生活の不安を減らし、いきいきとした生活がおくれるよう一生懸命にお手伝いいたします。