パソコンピーチ

TEL:092-834-6760受付:9:00〜18:00 定休日:水曜日、日曜日、祝日

世の中のインターネット事情

未成年の被害

警察庁 サイバー犯罪防止広報パンフレット

STOP出会い系 STOP出会い系

増加しつづけるサイバー犯罪

2018年は相談件数12万件超。検挙件数の内訳は、「児童買春・児童ポルノ法違反」が2,057件で最多。以下「詐欺」972件、「著作権法違反」691件、「不正アクセス禁止法違反」564件等が続いています。

(警察庁広報資料) 警察庁広報資料

子供のスマホ被害は増え続け、低年齢化が進む

子供のSNS被害、ネットの被害は親の責任

親の知識不足、信頼にあぐらをかいた”放置”が招く事故が多すぎます。

大人ですら騙される巧妙な手口。どのような事件が起こりえるのか知っておくことからはじめましょう。

[ワンクリック詐欺被害]

ワンクリック詐欺

インターネット上のリンクを一度クリックしただけで、「登録有難うございます!」などの架空の請求を行う。嘘だらけのWebサイト。あたかも売買契約や登録が行われたように見せかけ、コチラの個人情報を押さえたと言って(実際は個人を特定する情報は何も渡っていない)脅します。

検索の結果や広告から巧妙にクリックを誘導します。子供のみならず大人でもうっかりクリックする人は少なくありません。

万が一、リンクを踏んだら、慌てずブラウザを閉じてください。何もしなければ大丈夫です。慌てて「問い合わせ」を行ったりしたら、電話番号、メールアドレス、氏名などの情報を相手に渡してしまうことになりますので、間違ってもコチラからは何もしないことです。無視が一番です。

携帯電話の個体識別番号や所在地などが表示されたり、子供・親関係なく誰でも信じ込ませてしまう仕掛けがあるのがこの手の詐欺の巧妙なところ。親は子供を信じたいと思いながらも、「何らかのミスで契約してしまったのかな」と思い請求に応じてしまうケースが多発しています。

[個人情報漏洩]

個人情報

”個人情報”という言葉は誰もが使っていますが正確には「個人を特定できる情報」を指します。

SNSも普及したおかげで見ず知らずの人に自分の姓名・住所・生年月日・家族構成・勤務先・学校がバレることで、「迷惑メール」「嫌がらせの電話」「盗撮」「ストーカー被害」などの事件が増えています。犯罪者の集団というものがありまして、それが個人情報をだまし取ろうとします。 迷惑メールをかいくぐって、SMSやLINEなどあの手この手で詐欺メールが届きます。子供も大人も気付かないままリンクをクリックしたり、個人情報を入力したりして、気付かないうちに漏洩させてしまっていることがあります。スマホだと送り主の情報が分かりにくいところがありますので、特に子どもたちは自分でなんとかしようとして情報を漏らしがちです。

性的被害

心身の傷は取り返しがつかない。

軽い感じで今どきの子どもたちは知らない人と会っています。Youtube、ゲーム、ツイッター、Instagramなどいろんな入口から気軽にコメントやメッセージの交換ができます。知らない人とあったらダメだけどネットで言葉を交わせば知っている人になってしまう。 子どもたちは隠れてでも会っちゃいます。

出会い系アプリを未成年が使うのは違法ですけど、それ以外でも簡単に会えちゃうのが現代。

違法なのに使うから犯罪に巻き込まれたり相手を犯罪者にしてしまいます。

●「SNSでつながった知らない人と実際に会ったことがある」20代36.3%、40代15.3%

SNS利用目的

■SNSで出会う時代? 「SNSでつながった知らない人と実際に会ったことがある」20代36.3%

引用元:FNNPRIME

年代での差があります。「SNSで知らない人とメッセージのやりとりをしたことはありますか?」20代では61.9%が「やりとりをしたことがある」。40代は37.1%。

時代の変化でしょうか。それでも大人がしっかり子供を守らなければなりません。

先に言っておきます。 会うなら、正々堂々と会えない人とは会ったらダメです。自分も周りに話して正々堂々と。

「ネットの友人と初めて合うときのポイントを3つ」

①相手のことをじっくり調べる
プロフィールを鵜呑みにせず、一度、”電話”で話をしましょう。

②会うときの計画をたてる
位置情報を家族と共有しておく。友人に待機してもらうなど
(Googleマップでの位置情報共有の方法はコチラ)

③逃げる方法を考えておく
前提として、相手の車には乗らない。近くに知人がいる場所を選んだり、待ち合わせ場所を家ではなくカフェや公共の場にするなど。

※くれぐれも自分一人で行かないで!

学校でのいじめ

ネットいじめ

スマホやネットの利用で恐れるべきなのは大人の犯罪者だけではなく、昨日までは仲の良かった友人なども一変して加害者になることもあります。

文字だけでコミュニケーションをとるSNSの世界では些細なことでコミュニケーションエラーが発生しがちです。

大人でも自分の伝えたいこと文章にできない人が多いのだから、子供にしてもとても難しいはずです。”?”をつけ忘れたりちょっとした打ち間違いですれ違いが…。


自分は気をつけていたのに他人から傷つけられた。文句を言われたり、嫌がらせのメッセージを送られたり。そうなると、目にした瞬間「ドクン」と心臓が止まりそうになります。血の気が引きそうなのに、カーっと顔が熱くなって、心臓がバクバクしちゃいます。

ショックと怒りと悲しみで手が震えるほどかもしれません。

そんな時、まず真っ先にすることは「手を離して深呼吸です」

スマホでもパソコンでも一旦、置きましょう。お茶でも飲んで下さい。

そして、落ち着いたら
①証拠のためスクリーンショット(画面コピー)を撮っておいて下さい。
②必ず誰かに話してください。

親でも兄弟でも友人でも先生でも、味方を確認して安心してください。

一人で抱えたら100%苦しいです。

その時は周りに知られたくないと思うかもしれません。

でも、いずれ分かることです。だったら早めに対策しましょう。

上でも記載しましたが、ネット上では誹謗中傷する側が悪者になります。

絶対に、言い返すことで自分までも悪者になるのはやめて下さい。

なるべく状態を保存(印刷やメモ、スクリーンショット)して、素早く家族に相談をしてください。

スムーズにいくとすぐに削除されますし、場合によっては相手の特定・損害賠償請求にも繋がります。何より自分の生活に光が戻せます。

パソコンピーチも味方の一人になります。相談してください。


>>「子どもとスマホの教室」から一部文章を引用させていただいております。

警察庁 子供の性被害対策「インターネット利用上の危険性を紹介(中高生用)」

STOP出会い系 STOP出会い系


スマホのさわりすぎ

事故の加害者になるかも

ながらスマホ

街で運転をしていてよく見かけるドライバーのスマホいじり。


街で歩いていてもよく見かける歩行者や自転車のながらスマホ。
本当に危ない。


特に自転車こぎつつ人混みをスマホいじりながら通るのはアホです。イヤフォンまでして本当に危ない。

自動車では2019.12.1から「自動車などを運転している際に、携帯電話を操作した場合の反則金と違反点数の引き上げ」が行われます。反則金18000円違反点数3点。

”ながらスマホ”は明らかにマナー違反です。と言っていましたがもう罰則を受ける行為です。

これを行っている人は依存症と言っても過言ではないでしょう。切り分けができなくなってしまっていますから。画面の中より目の前のことを大切にできる人間になりませんか。

スマホ依存

スマホ依存かも!? 「3分でできる」チェックテスト

本人に自覚がないまま、スマホが肌身離せず、不安の元になってしまう。心当たりはありませんか?

四六時中スマートフォンをいじっており、スマートフォンを触れないと心配になってしまい、他の事が考えられなくなってしまったりする。 様々な悪影響があり、ネットに接する年齢が低ければ低いほど依存症になるリスクも高くなる。と言われています。

生活と切っても切り離せない存在のスマホ。自分がスマホもPCもタブレットも快適な生活をおくるための道具でしかありません。人が使うべき道具に自分が使われ、支配されないようにしましょう。

インターネット通販ここに注意!

インターネットショッピングここに注意
■インターネット通販トラブル

引用元:消費者庁

手軽で便利なはずのインターネットの買い物。「激安」「レア」などの言葉に、油断すると「商品が届かない」「偽物が届いた」なんてトラブルにあうことも。

注意するポイント

・URLの確認
・不自然な日本語はない?
・極端な値引き(激安)は注意!
・業者の所在地、連絡先は存在しますか?
・配送の方法と期間はどのくらいかかる?
・支払方法が銀行振込のみしか用意されていない場合、個人名口座の場合は慎重に!
・キャンセル・返品条件、利用規約は必ず確認!

万が一の連絡先

消費者ホットライン>>>局番なしの「188
福岡県消費生活センター
警察庁 インターネット安全・安心相談
泣寝入りNG!ネット通販詐欺からお金を取り戻す手順
いじめ問題や子供のSOSに悩む子供や保護者の相談機関
「24時間子供SOSダイヤル」
>>>0120-0-78310
サイバー犯罪相談フォーム(福岡県警)
サイバー犯罪対策(福岡県警)
公益財団法人 警察協会公式ホームページ ビデオライブラリー 「次にあなたが騙される」

営業案内

TEL:092-834-6760
受付:09:00〜18:00
定休日:水・日曜日・祝日

問い合わせ 問い合わせ

電話受付は営業時間内
[水・日・祝除く9:00~18:00]
営業時間外はフォームよりお願いします。
お問い合わせフォームはこちら